発毛治療の対象 AGAと呼ばれる男性型脱毛症

スポンサードリンク             プライバシーポリシー

発毛に効果がある施術などがCMでもおなじみとなっていますが、発毛治療は医師でなければできません。
現在発毛治療の対象になっているのは、多くがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。 AGAは30代から50代の男性に多く、その年齢層の男性が悩むほとんどの薄毛抜け毛の原因と言われています。現在日本全国でAGAに悩む人は1000万人以上いると考えられています。
髪の毛はヘアサイクルと呼ばれる周期に
従って成長と脱毛を繰り返します。一定以上
成長した髪の毛は自然と抜けて、その後細い髪が生えてきます。
健康なヘアサイクルにのっていれば、1日に
平均100本前後のしっかり成長した髪が抜けて行きます。しかしAGAとなってヘアサイクルが乱れてくると、まだ成長しきっていない短くて柔らかな髪が抜け始めます。 さらに髪を洗った後や朝起きた時など驚くほど抜けてしまうこともあります。

ではどうしてAGAになるのでしょうか。現在原因と考えられているものは4つあります。 まずは男性ホルモンの影響と遺伝です。男性ホルモンの一種であるテストステロンが髪のもとになるたんぱく質の合成を阻害したり、皮脂を過剰に分泌させて毛穴を詰まらせることで髪にダメージを与えます。 この男性ホルモンの影響が強く出るのが前頭から頭頂部であるため、AGAはこの部分に集中しているのです。

他に大きく影響を及ぼすのがストレス食事生活習慣です。 これらの原因が複雑に作用して、AGAは髪の毛を少しずつ侵していくのです。発毛を促す施術を行っている会社もありますが、発毛治療を行えるのは医療機関だけです。

SPONSORED LINK


本気で発毛治療なら発毛治療専門のクリニック!

現在は発毛治療を行っている内科や皮膚科、形成外科なども増えました。しかしやはり本気で発毛治療を考えているのなら、発毛治療専門のクリニックを訪れた方がよいでしょう。

AGAの原因は複合的なことが多く、一人一人脱毛のタイプや体質も異なります。発毛治療専門クリニックでは、患者さんの脱毛の状態によって世界初の飲むAGA治療薬プロペシアも処方してくれます。

プロペシアAGAの原因のひとつである男性ホルモンに働きかけて、発毛を阻害する物質を作らないようにする薬です。この薬は画期的なものではありますが、それ単体ではどちらかというと発毛促進ではなく現状維持・
脱毛予防を目指すものです。

発毛治療専門クリニックでは、プロペシアの内服とあわせてビタミン剤や抗炎症剤、その他の内用薬や外用薬を使った治療を行います。

AGAはより早い治療が肝心

専門のカウンセラーによるカウンセリングが受けられるクリニックもあります。AGAはより早い治療が肝心です。
もちろん抜け毛が起こる前から予防を行うことも大切です。 抜け毛が気になる年齢になったら、発毛治療
ついて少し詳しく知っておくと安心ですね。

スポンサードリンク